インフルエンザの症状軽いタミフルとキャッツクロー

毎年インフルエンザが流行すると、学校では学級閉鎖になってしまったり、職場でも仕事が滞ってしまったりして大変になります。インフルエンザにかかった人は、高熱や全身の倦怠感、筋肉痛や関節痛、頭痛などに悩まされ、咳や鼻水といった症状も出るので1週間ほどは休養をしなくてはいけなくなります。
インフルエンザにかからないために、マスクをつけたり、手洗いやうがいをするのはもちろんですが、予防として、キャッツクローの効果が注目されています。キャッツクローは、猫の爪に似ていることから名づけられた、ペルー原産の植物で、昔から元気の源として愛用されてきました。キャッツクローは免疫機能を活性化する効果があると言われており、インフルエンザにかかりにくくなったり、かかっても症状軽い効果を期待することができ、おすすめのハーブです。
また、インフルエンザになっても症状軽い効果が期待できるタミフルは、インフルエンザを治す薬ではありませんが、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があるため、インフルエンザの症状軽い初期のうちに服用すると、ウイルスの増殖が抑えられ、ウイルスが大量に増えることができなくなるため、発熱が1日程度短くなったり、高熱が抑えられたりします。初期に服用することが必要なので、インフルエンザかもしれないと思ったらすぐに病院に行くことが大切です。
また、抵抗力の低いお年寄りや病気がある人は、病院と相談して予防的にタミフルを服用することができます。タミフルを予防的に服用する場合には、インフルエンザに感染した人と接触後48時間以内に服用することが大切です。できるだけ早く服用する必要があるため、病院にあらかじめ相談しておくことと良いでしょう。