タミフルでウイルスを抑えられるが価格は幾らぐらい?

毎シーズンやってくるインフルエンザと戦うのも大変だとは思いながらも、予防接種を受けに行ったりします。また、手洗いやうがいなどに使ういろんなグッズを購入したりと、ウイルスの感染を防ぐためにグッズなども使っていけば、全体的な予防のための価格はかなり高くなってきます。それでも、感染して何日も寝込んで治療をする事に比べればましです。

インフルエンザ治療に使われるタミフルですが、これは予防にも使うことが出来ます。ただし予防で使うという場合はまだ病気になっていないため、自費診療となるので価格も保険適用されない分高くなります。タミフルを予防で使う場合には、1日1カプセルで7~10日使うようになっています。これは家族等に感染者が出たとき、自分は絶対にかからないようにするというようなときに使うことが多い手段です。服用している期間中はウイルスの感染から守られますので、上手に活用をしてみて下さい。予防の時の価格に関しては、診察料なども含めて必要な分は5~7000円ぐらいになります。

それを考えると、処方してもらったタミフルを少し余らせてみようかとそんな風に思う事もあるかもしれません。けれどもウイルスをしっかりと撃退していこうと思うのであれば、処方してもらった分はしっかり全部飲み切って体内からウイルスを排出しておかなくてはいけません。そうでないと、外出などをしたときに他の人に感染させてしまう可能性があります。

備蓄などを検討している時には、予防として処方をしてもらうか、または近年は個人輸入をして手に入れている人もいます。シーズンが来るまでに少しずつ購入しておくのもいいでしょうから、都合に合わせて準備も検討してみましょう。