愛知でも業務継続計画に記載されているタミフルとは

愛知の多くの企業や自治体が業務継続計画の中でインフルエンザウイルスなどの流行性の病気に対するマニュアルを作成しています。業務継続計画はさまざまな要因で会社や自治体業務が遂行できなくなる前に対応するための行動指針です。もともとは災害や火事などに対応したものでしたが、新型インフルエンザが流行し始めたことで流行性の病気に対しても対応マニュアルである業務継続計画が作られるようになっています。愛知には多くの会社があり、業務継続計画を策定していますが、愛知だけではなく、全国的に業務継続計画にインフルエンザウイルス対策が盛り込まれています。インフルエンザウイルス対策で重要なのが発症時の対応です。発症すると急速にインフルエンザウイルスを増殖させ、拡散させようとします。そんため、一刻も早くウイルスの増殖を止めるためにタミフルの使用が推奨されることが多いようです。タミフルはウイルスの型は限定されますが、ウイルスの増殖をいっきに止める効果があり、発症前から利用して予防薬とする会社もあるようです。ただし、タミフルは飲みやすい錠剤ではありますが、副作用が強く出る場合があるので注意が必要です。肺や腎臓などに疾患を持っている場合は飲めませんし、未成年に飲ませる場合は異常行動が起きないか数時間は観察することが必要です。インフルエンザウイルスは学級閉鎖を起こしやすい病気ですが、業務を止められない企業や自治体にとっては死活問題でもあり、対応が進められており、タミフルの備蓄、インフルエンザが疑わしい場合の対処から発症後の対処など細かく策定して業務を止めないように努力されています。副作用はありますが、タミフルは対策に重要な要素の一つです